子どもとの関わり 育児

【思いやりの心】を育むたった一つの方法

更新日:

Pocket

 

こんにちは!

ベビーシッターのなつきです^^

 

 

  

私は【思いやり】という言葉が大好きで、

日々の保育の目標にしているくらい大切にしています。

 

今日は、【思いやり】についてブログを

書きたいと思います^^

 

 

【思いやり】とは?

 

人を思いやる

 

これは、表面的なものではありません。

心の中の本質的なものになります。

  

大人でもこの【思いやりの心】を

持っている人、持っていない人で大きな差があります。

 

 

【思いやり】とは?

 

  • 相手を敬うこと
  • 相手に気持ちを寄せること
  • 相手に心を配ること
  • 誰にでも優しく接すること 

 

 

小さな子どもでも自分より小さな子を面倒見たり、

お父さん、お母さんのお手伝いをしたり、

動物を可愛がったりしますよね。

  

 

この行動は【思いやりの心】が

育まれているということです。

  

 

私は子どもの【思いやりの心】に出会えると

とても嬉しく思います。

 

なぜなら、【思いやりの心】とは

教え込むものではなく、自発的なものだからです。

  

 

では、

どうしたら【思いやりの心】は育つのでしょうか?

  

 

 

 

子どもの【思いやりの心】を育てるために

 

それは、

家庭内で思いやりの心を持って、

子どもに関わること、それだけです。

 

 

先ほどもお伝えしたように、

【思いやりの心】というのは

 

「こうしなさい」

「ああしなさい」

という言葉で育まれるものではありません。

 

 

【思いやり】は教えるものではなく、

子どもが【自然に感じ取るもの】なのです。

 

子どもが初めて出会うのは家族という社会です。  

 

日々の中でパパママから色んなことを見て、学んでいます。

  

 

その中で夫婦がお互いに敬いながら接していたら

子どもも自然とその姿を見ているので

誰に対しても優しく、相手を尊重した子に成長します。

  

家庭内だけではありません。

 

出かけた時に

パパママが誰に対しても思いやりを持って

接していたら、子どもは様々なことを学びます。

   

 

子どもは大人のことをよく見ていますからね。

 

子どもは大好きな人の行動は

「真似したい」

と思い、完全コピーしています!笑

   

ぜひ、子どもの【思いやり】を見つけた時には

たくさん褒めてあげてください。

  

子どもは自分の行動を認められた時、

ぐっと成長します。

  

 

褒めすぎるなんてことはないです。

ただただ、褒めてあげてくださいね!

  

 

私たち大人は子どものいいお手本になれるよう、

何事も丁寧に行動しなくてはいけないですね〜^^

 

 

あなたは最近、

子どものどんな【思いやり】に

出会えましたか?

  

 

振り返る機会になれば幸いです^^

 

 

それでは、

今日も子どもと共に笑顔溢れた一日となりますように☆

 

 

 

 

 

 

-子どもとの関わり, 育児

Copyright© ニコライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.