つぶやき 育児

幸せホルモン【オキシトシン】の素敵な効果*

更新日:

Pocket

こんにちは!

ベビーシッターのなつきです(^^)

 

 

 

 

【幸せホルモン】

よく耳にする機会もあるかと思いますが、

どんな効果があるのでしょう?

 

今日は先日の心理セラピーの講座でのお話を

シェアしたいと思います!

 

 


 

 

【オキシトシン】は、

心を落ち着かせる幸せホルモンです。

 

 

どんな時に分泌されるかと言うと、

 

人と人とのスキンシップ

 

これによって感じることのできます。

 

 

 

  

 

母親は、子どもを産む時、

ものすごい量の【オキシトシン】を分泌するそうです。

 

 

子どもを産んだことに幸せを感じる。

これは【オキシトシン】が関わっているんですね。

 

 

そして、

人は【オキシトシン】を出してくれた相手に

貢献しようという思いが芽生えるそうです。

 

 

産まれたばかりの赤ちゃんを愛おしく、可愛がるのも

大量のオキシトシンを出してくれた赤ちゃんへの貢献なわけですね!

 

 

 

 

このオキシトシン、動物とのスキンシップでも

分泌されるようです。

 

 

動物を「可愛い」と感じると

それだけでオキシトシンが分泌されるそうです。

 

 

私も動物の動画をただただ見てしまうことがありますが、

ちゃんと理由があるんだな〜と納得しました。

 

 

先日、面白い体験があったのです。

 

私は動物が大好きなのですが、

100mほど先に「カワイイ〜」と見惚れてしまうワンちゃんがいたのです。

 

 

すると、そのワンちゃんも100m先から

尻尾を振って私のところへ走って来てくれたんです。

 

 

私の出すオキシトシンを感じ取ったのでしょうか…?

 

 

講師の先生に尋ねると、オキシトシンは匂いのようなので

ワンちゃんは鼻がいいので遠くにいても感じ取れるのではないかと!

 

なんともびっくり!そして納得の興味深い内容でした。

 

 

現代は間違いなくスキンシップの機会が減り、

オキシトシン不足の人もたくさんいるのではないかと思います。

 

 

スキンシップで母親自身も子どもも、

互いに幸せホルモンを出すことができます。

 

 

親子関係に不可欠なスキンシップで

毎日の育児をストレスなく過ごしてもらえたらと思います!

 

 

それでは、今日も子どもと共に笑顔溢れる1日を☆

 

 

 

-つぶやき, 育児

Copyright© ニコライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.